<< 爆音の向こうに | main | やっぱりバンドっていいな♪ >>
2017.06.18 Sunday

ハリウッドに最も嫌われた男

0

    JUGEMテーマ:映画

     

    1953年、オードリー・ヘップバーン主演の「ローマの休日」。言わずと知れた不朽の名作であるが、その原作者がこんな数奇な運命を辿った人であることを全く知らなかった。今回見た映画は「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」。

     

     

    主人公は、かつてハリウッドの売れっ子脚本家であった、ダルトン・トランボさん。しかし彼は1940〜50年代の「赤狩り」によって、ハリウッドから追放される。それでもトランボは、「ローマの休日」を偽名を使って1953年に執筆した。その年のアカデミー賞において、ローマの休日は最優秀原案賞に輝いた。別の代わりの人が受賞w

     

    その後、ハリウッド追放から13年、1960年のスタンリー・キューブリック監督の「スパルタカス」で、正式に「ダルトン・トランボ」の名前が映画に再びクレジットされる。また「ローマの休日」を、トランボが1953年に偽名で執筆したことが判明したのは、トランボの死後から十余年経ってからだった。

     

    毎年、山のように作られていく映画たち。しかし時代を超えて生き残っていく映画は、ほんの一握り。その中でも燦然と光り輝く存在である「ローマの休日」。また改めてしっかりと見返してみようと思う。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    よろしくどうぞ! こちらこそよろしく!
    :t :y


    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    いろいろ



    別ページのご紹介
    映画・音楽に関するブログ記事を、ホムペでインデックス化しました♪
    ↑映画・音楽に関する記事を、ホムペでインデックス化しました♪
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM