<< 眼鏡をフォーナインズ(S-512T)に替えました♪ | main | スーパーオーディオCD と DVDオーディオ について。 >>
2005.11.13 Sunday

餅は餅屋、時計は時計屋。 〜G-SHOCKのベルベゼを外してみる の巻

0



    CASIO(カシオ) G-SHOCK ベーシック 5600系基本形 [DW-5600E-1]


    映画「スピード」とG-SHOCK DW-5600 【PART2!】
    ↑この記事の続き。

    先日、オークションでゲットしたG-SHOCK DW-5600のバンド(ベルト)を、新しいバンドに交換しようと分解を始める。
    バンドを抑える輪(=ユーカン)が経年劣化で切れてしまったため、バンドごと取り替えてしまおうと思いましてん。

    最初に言っておきますが、自分は不器用なんで細かい仕事が非常に苦手!!

    一応、手順はこんな感じなんだけど(↓)
    例:vanity factoryさん 改造技術情報(ベゼル&ベルトの付け替え)
    まず、ベゼル(覆い)を取るため、4本のプラスネジを精密ドライバーで外す。ネジ山が潰れそうになったけど、なんとか外れた。。

    次は、両側がバネになっている「バネ棒」を外すと、本体からバンドが取れる構造になっているんだけど、このバネ棒外しが骨が折れる。マイナスドライバーで内側に押し込みながら外す。しばし悪戦苦闘してやっと外れた。。

    でも、もうこの時点で気が変わった。
    外すのでこんなに苦労するのだから、はめるのはもっと大変だぞ、と。。試しに今外したのを元に戻そうと思ったが、非常にこれが難しい!もう挫折しそう!!

    ・・・さらに悪戦苦闘すること十数分。。なんとか元に戻すことができた。
    疲れた。。燃え尽きたよ、真っ白な灰に(笑)。

    こんな細かい作業を毎日やっている時計屋さんはエライよなぁ、と実感。やっぱり餅は餅屋、時計は時計屋に任せよう、と思いましてん。
    もう自分でやりません。今後もよろしくお願いします>時計屋さん。

    結局、冒頭のユウカン(バンド留め)だけ買うことにしました。バンドはこのまま使おうっと。
    ユウカン一個でも売ってくれる良心的なお店を見つけました♪(↓)

    G-SHOCKの修理・電池交換専門店 Granite Garage
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    DW-5600。レビュー。
    G-SHOCKの型式DW-5600Eを買って3ヶ月。 シンプルなスタイルと飽きのこないシルエットが、ボディブロウのようにじわじわ 効いてきたのでレビューしたいと思う。 G-SHOCKといえば、まずこの5600シリーズを思い浮かべる。 誕生したのは1987年。18年前。そ
    • mountain77 D.Reverse side
    • 2005/11/14 11:14 PM
    よろしくどうぞ! こちらこそよろしく!
    :t :y


    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    いろいろ



    別ページのご紹介
    映画・音楽に関するブログ記事を、ホムペでインデックス化しました♪
    ↑映画・音楽に関する記事を、ホムペでインデックス化しました♪
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM